謎の生物の正体は・・・

先日ご来店いただいたお客様より

「時折、視界に変なものが写るんです。

子どもの頃、顕微鏡で見たミトコンドリアみたいな…謎の生物が。

ずっと見える訳じゃなくて、一瞬見えたと思ったら

すぐ横に移動したり、見えなくなったり…」

と不思議なご相談を受けました。

 

角膜に感染でもあるのかな?と思ったのですが、

特に問題はなし。

 

正直、目の構造については少し勉強不足であせあせ (飛び散る汗)

すぐに原因が分からなかったのですが、調べてみると

「視細胞で受け取った情報は視神経を通り

大脳の視覚野で処理される」とのこと。

ふむふむ。

 

目自体に異常は無し。

視神経にも異常なし。

大脳の視覚野は?

・・・おーっ!寄生虫感染あり。

では除去してみると。。。。。。

 

「あっ!無くなった!

さっきまで見えてたけど、今はもう見えません!」

 

あぁ~良かったダッシュ (走り出すさま)

 

当たり前に、今見えているものが全てだと思っているけど、

受け取っているのは「情報」で

その「情報」が大脳で処理されるってことは、

自分は「見ている」つもりでも

それは真実じゃないかもしれない。ですね。

 

うーん、勉強不足でしたたらーっ (汗)

もう少し勉強して

近視や遠視、老眼も改善できるように…

と現在奮闘中ですダッシュ (走り出すさま)

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ